岡田尚也のTAVを勝手にぶった切ってレビューしてみた

ひょっとして自覚なし!?「めんどくさい男」と言われないために貴女が「俺、いまかっこよくない!?」と悦に入っている時。

あるいは「ここはバシッと男らしく!」と頑張っている時。

もしかして、女子にひっじょ??????にウザがられている見込みアリ!!「そのようなわけない」と考えつつ、少しだけドキッとしませんでしたか?いいえ、ドキッとしてくれたならまだマシなほうかも!?世の中には、まったく自覚のない「めんどくさい男」が実を言えばゴロゴロしているのです。

頼りがいのある男とめんどくさい男は、紙一重!知らず知らずのうちに女から敬遠され、チャンスを逃してしまった…なんて事がないよう、充分に参考にしてみましょう。

誇り?こだわり?…問答無用でめんどくさい自己顕示欲とは相当やっかいなものです。

自らを認めて望む、自身を見て望む、自身を褒め称えて望む…そのような心の内は多かれ少なかれ、誰しも持っているものでしょう。

ついつい、自らはこんなに知識が豊富だ、自身は誰よりもうまく業務をこなせる、といったアピールをしてしまう事ってありますよね。

「俺、それ知ってる」「俺のほうがうまく可能な」言いたい心情はわかりますが、いちいち「可能な、可能な」を口にされると周囲はゲンナリ。

出来てもちろんとは言いませんが、業務や勉学は、粛々と淡々とこなしてこそ「デキる人」なのです。

「これはこうじゃなきゃだめ」「そのような方針じゃなくてこう!」そのような自らだけのこだわりを得意げに披露されるのも、周囲はただただ、めんどくさい!人各々、数々の腹積もりや方針があるのですから、自身の方針や心積もりを押し付けるような態度や言動は控えましょう。

しつこいうえに細かい…もう側にいるだけでめんどくさい何かが気になった時、とことん追求やりたい、数々の事に目を配って、抜け目無く処理やりたい。

一見、非常に頭の良い人の行動に見えますね。

でも一歩間違うと、それはそれはめんどくさい人になってしまうので用心!!自身が引っかかるからといって、何度も何度も人に尋ねたり、相手が質問に解答られないのをバカにしたり何故解答られないのかをネチネチ繰り返し聞いたり。

ひとたび「もう、しつこいなあ」という感触をもたれると、誰も貴女の側に寄りたくなくなります。

貴方と話すと永らく時をとられたり、気分を害したりすると思うと、自然と避けてしまいたくなるのです。

「ここが違う」「これはおかしい」何かの間違いに自身だけが気づいていると考え、周囲に伝えたとします。

周囲ははじめこそ「気がついてくださってありがとう」といった扱ってをしますが、その言い回しに気をよくしてさらに間違いを指摘しよう、しかも細かい参考にをし出すと…貴方の口コミはまったく地に落ちてしまう事でしょう。

良い事をしてるのに何故?と思うかもしれませんが、重箱の隅をつつくような細かい指摘をしてやろうと目を光らせているような男は、女は言うまでもなく、男性もめんどくさい!と逃げ出してしまうに差異ないのです。

たとえ細かい事に気がついたとしても、声高に指摘をするのではなく、それとなく「ひょっとしてここ、違うんじゃない?」と相手に気づかせてあげたり、「少しだけ気になったから俺が検証してみるよ」と教授するような表現にしてあげると、相手にとっても重圧が少なく、誰の目から見ても「気の利くデキる人」に映る事でしょう。

ここまで読んで「いるいる、こういっためんどくさい男!」と思うのは手間なくです。

うっかり自覚なく、自らがその「めんどくさい男」になってしまわないよう、改めて日ごろの言動を振り返ってみてはどうでしょうか。
女性がぶった切る!岡田尚也のTAVのレビューとネタバレ感想(the auto victorious)
ものは言い様、多少言い方や伝え方を変えるだけでも、今日から「めんどくさい男」を卒業可能なかもしれませんよ!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です